深夜移動で快適な出張を

寝て起きたらもう到着

名古屋への出張の選択肢としては、新幹線や飛行機を使って行くのがスタンダードでしたが、最近では夜行バスを使った出張も行われるようになってきました。バスで夜に出発し、翌朝名古屋に到着すれば、着いてすぐに仕事が始められます。昔の深夜バスというと、狭い車体で一席あたりのスペースもほとんどなく、隣や前後のお客さんに気を遣いながら長時間過ごすのが一般的でした。最近では、シートを180度近くまで倒せるようになった上、一人分のスペースが十分広いのが特徴。さらに、一つの席に仕切りが付けられていてパーソナルスペースが確保できるようになっています。これならゆっくり一晩寝れるので、長距離の移動後でも仕事がスムーズに始められるというわけです。

コストの削減にも繋がる

飛行機や新幹線で名古屋へ出張となると、時間が限られますし、移動に掛かるお金も高いです。ビジネスホテルに1泊すれば5千円から1万円ほど、さらに夕食や朝食も付けたら1人あたり宿泊費と食費だけで1万円以上も掛かってしまいます。一方で、夜行バスで深夜に出発して翌朝到着するプランにすれば、バスの交通費と食費だけのコストに削減できます。バスの料金は飛行機や新幹線よりも数千円安いです。一人分のスペースが広い、プレミアムなバスを選択したとしても新幹線よりも安くなります。深夜バスでの出張を選べば、一回の出張に掛かるコストがかなり削減できるというわけです。複数人での出張を重ねていけば、飛行機とホテル宿泊をした出張費用と比較すれば、大幅なコストダウンに繋がります。