魅惑のおすすめ名古屋めし

冬にピッタリの「味噌煮込みうどん」

関東や関西方面からも行きやすい名古屋周辺は、数々の観光地が魅力的なエリアです。夜行バスを利用すれば、とてもお得に行くことができるので、学生の方にも人気があります。
名古屋城や大須商店街などの有名観光スポットに加え、「名古屋めし」は、この地方独自の文化で進化した個性的なグルメです。その中でも冬にオススメなのは、冷えた体を温めてくれる「味噌煮込みうどん」になります。赤味噌ベースの秘伝だしで煮込まれたうどんは、とてもコシがあり、食感も楽しめるご当地グルメです。鍋のフタをお皿代わりに使ったり、中に入っている卵とつゆをかけて食べる方法など、独特の食べ方が特徴となっています。市内には、味噌煮込みうどん発祥のチェーン店や他の名古屋グルメも味わえるお店がたくさんあるので、比較的お店が見つけやすいのも魅力です。

名古屋メシの定番「ひつまぶし」

続いてオススメする名古屋めしは、3種類の味を楽しめる鰻の「ひつまぶし」です。そもそも愛知県の鰻料理は、蒸すよりも焼くことがオーソドックスなので、関東の鰻文化とは多少異なります。したがって、外側は香ばしく、内側はふっくらとした食感が特徴的です。
食べ方も独創的で、1杯目はそのままいただき、2杯目は薬味を入れて、3杯目は薬味とダシ汁をかけるスタイルです。名古屋めしの中でも高級グルメに入るひつまぶしですが、発祥のお店にはいつも観光客の行列ができています。
以上のように、名古屋めしは全国的にも有名なご当地グルメです。夜行バスで名古屋に行く方は、ぜひ今回紹介した味噌煮込みうどんやひつまぶしを味わってみて下さい。